困っている人の味方になりたいなら介護職の資格取得を目指そう!

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

国家資格で就職先も豊富

手

医療系の国家資格の一つにあん摩マッサージ指圧師があります。就職先は多岐にわたり、病院や老人ホーム、福祉施設からスポーツジムなどにも需要があり、開業することもできるので人気があります。資格取得には養成校で勉強後、国家試験を合格することが必要です。

もっと読む

模擬試験を有効活用

看護師

模試には様々な種類があり、看護学校や医療系のための模試もあります。看護・医療系の試験の傾向と対策を身に付けるためにも、また同じ目標を持った人たちと比較するためにも、専用の模試を受験する事をお勧めします。

もっと読む

医療の現場で仕事を

女性

将来性がある資格といえば医療系ですが、通学が条件となっているものやテキストでの独学が可能となっているものがあります。ただし、毎日ではなく数日の通学で済むものや、通信講座を利用したほうが良いものなど色々ありますので、きちんと調べてから医療系の資格に挑みましょう。

もっと読む

少子高齢化に伴い

介護

たくさんのメリット

介護職の資格はたくさんあります。自分のキャリアプランを考えて必要な資格を取得することが出来れば、やりたい仕事に携われる、給料があがる、業務の幅が広がるだけでなく転職にも有利になるというメリットがあります。今後の日本は少子高齢化に伴い更なる介護職の人材を必要とされます。ライバルは多くなりますが、その分競争も激しくなり自分のステップアップにもつながりますし、結果的に質の高い介護サービスを利用者さんに提供できるようになります。優秀な介護士は日本国民が求めているニーズであると言っても過言ではありません。ヘルパー2級の撤廃により介護資格はシンプルに統合され、ケアマネージャーなどに昇格が行いやすくなりました。

日本国民のニーズ

介護士は人手不足で誰でも働ける、高齢者でも雇ってもらえるといった従来の印象は徐々に変わりつつあります。多くの施設や事業所ではサービスの質の向上が課題となり、それに伴い人材の質を重視するようになっています。つまり、無資格の未経験者は門前払いといったことも起こり得る状況となっています。特に資格の有無を重視するところが増えてきており、求人の欄に介護福祉士と記載されているところが多くなってきています。また、訪問介護員として働く際には介護職員初任者研修が絶対に必要となるため、無資格者と有資格者の優先度合いは一目瞭然といえるでしょう。介護に関する資格や知識をみにつけ、困っている人がいたら手を差し伸べられる思いやりの心をもって今後に備えたいものです。